外国メディアの報道によると、iPhoneの次の世代は、より高速なネットワーク接続と長

外国メディアの報道によると、iPhoneの次の世代は、より高速なネットワーク接続と長いバッテリ寿命を提供することが期待されます。 9to5Macのウェブサイトは、情報源によるとiphone 6Sボードの写真のプロトタイプ、クアルコムは「MDM9635M」チップを開発し使用するアップルの次世代携帯電話を提供したことを報告しました。 人気iPhone7ケースチップはまた、「ゴビ9x35」チップとして知られており、現在iPhone6 iPhone6 Plusは「9x25」と比較チップを使用して、チップを大幅倍の速度、性能が理論LTEの下り速度を向上しました。 クアルコム、第1のチップの後半に2013年に発表されたが、そのようなチップの使用上のサムスンのギャラクシーS5としてスマートフォン市場へのチップの遅い生産のための理由昨年、。 シャネルiphone7ケースユーザーの場合、チップは、現在iPhone6シリーズの携帯電話は、150Mbpsのの速度をダウンロードしながら、最も重要な改善は、300Mbpsのまでの最高のダウンロード速度です。実際の使用では、携帯電話ネットワークに応じて、225Mbpsのダウンロード速度以下に近いものであってもよいです。 グッチiphone7ケース iPhone 6Sより長いバッテリ寿命を有することを意味するチップより多くの電力、つまりクアルコムの宣伝によります。 9to5Macサイトは現在iPhone6より新しいiPhoneマザーボードマザーボードは狭く、よりコンパクトなスペースを提供するために、より大きなバッテリーを使用述べました。 シャネルiphone6ケース以前はよく知られているアナリスト郭明プールは、その原因iPhone 6S日本酒フォースタッチ技術の統合に言ったので、体が過去に比べて厚くなります。今日では、その引数は、住宅メーカーによって確認されているようです。| iPhone7ケース iPhone 6Sプラスの厚さはiPhone 6プラス0.03ミリメートル以上7.13ミリメートル、あった外国のニュースサイトGsmArena排他的な開示によると、言った、iPhone 6に比べて7ミリメートルのiPhone 6S本体の厚さは、0.1ミリメートルを増加させました。 0.1ミリメートル厚のボディ 漏洩したiPhone 6S 0.1ミリメートル厚のボディデザイン案 KGI証券のアナリスト郭明によると、以前はよく知られているのプールは、iPhone 6SとiPhone 6S Plusは形状が大きく変化しないだろう、と予測したが、体の大きさは、現在のiPhone 6iPhone 6プラスよりも広く長くなり、ビッグデイトタッチスクリーンで強制タッチ技術の原因となる次世代iPhoneの統合のために主に、0.15ミリメートルの増加と体の0.2ミリメートルの厚さが増加します。 シャネルiphone7ケース さて、その引数は確認の一定量であるように思われます。 GsmArena排他的な開示外国のニュースサイトによると、携帯電話の保護カバー/ケースメーカーの生産がITSKINS iPhone 6S、iPhoneの6Sプラス排他的なデザインの保護シェルに始まって、ビューのデザインアートワークの会社のポイント、iPhone 6S相系列からリリースしていると述べました本体の厚さは、過去よりも増加しています。 サンローランiPhone7ケースここで、iPhone 6の厚さ0.1ミリメートル以上7.0ミリメートルのiPhone 6S厚さ、iPhone 6S Plusは比較的小さな変化、7.13ミリメートルのボディの厚さは、iPhone 6 Plusは0.03ミリメートルのうち、よりであるコントラストであるが。 フォースタッチテクノロジーを搭載 漏洩したiPhone 6S 0.1ミリメートル厚のボディデザイン案 同時に、述べクオ明プールとして、iPhone 6S直列体肥厚主な理由は、タッチパネルの取り付け圧力フォースタッチに関連付けられています。 エムシーエムiphone7ケース グッチiPhone7ケースそれはまたのMacBook以下、アップルウォッチ、アップルの取付圧力タッチ技術、新製品、およびiOSの9システム・プログラム・コードの後に​​、新しいジェスチャーコマンドの作成に専念圧力Fouceタッチ触覚技術の存在の証拠もありますさ。 携帯電話メーカーは、露光iPhone 5cのケース過去のベンダーは、最終的に非常に正確な証明しても、啓示の信頼性を判断するの保護カバーのアートワークを設計するためしかし、そうではありません。それにもかかわらず、外観はiPhone 6Sシリーズは多くの変更が本当そこに座っているされていない、そしておそらくAppleは現在、郭国明にプールに開示されているように、本体材料に変わることを期待することだけができ、iPhone 6Sシリーズ7000系アルミニウム金属体が使用され、それは回避するために、より高い硬度を有する「曲がったドア」の問題が再発します。 または9月にリリースされます 噂のiPhone 6Sは、新しいA9プロセッサを搭載した、2ギガバイトのメモリ容量を増やし、12万画素にアップグレードするためのカメラ、より速い中心にスピードがあり、GBWセンサ技術を追加します。 ルイヴィトンiPhone7ケース同時に、ロジックボードの最新の暴露も、より高速な通信モジュール6S表示iPhoneが装備されているLTE Cat.6技術をサポートしています。 また、iPhone 6Sシリーズの噂が原因で生産を開始しましたので、保護カバーメーカーが部品の生産、自然に論理的なものの準備を始めました。 グッチiPhone7ケース情報源によると、ニュースを破った、iPhone 6Sシリーズは9月25日の周りの販売を正式その後、9月15日に発行された、とすることができる、と述べました。

「フォーブス」のウェブサイト最近掲載された記事は、視点からの情報の最近の漏れ

「フォーブス」のウェブサイト最近掲載された記事は、視点からの情報の最近の漏れは、アップルの次世代iPhoneはまだ1時失望であることを述べ、低ストレージ容量の最も弱い特徴残る新しいiPhone 6 iPhone 6と呼ばれます。記事の内容は、以下の「フォーブス」のウェブサイト。> アップルの次世代iPhone 6Sのユーザーは、偉大な希望に満ちました。今日は、我々はすでに最も楽しいiPhone 6Sの特徴、発行日、および最も重要な変更は、しかし、最新のが漏れたニュースの一部を知っているが、それはもっと失望、iPhone 6Sは、iPhone 6の1のままになります主な理由であります最も弱い機能。 グッチiphone7ケース 伝えられるところでは、iPhone 6Sはまだのみ16ギガバイトのモデルのストレージ容量が含まれています。昨年来が、AppleiPhone 6と2つの携帯電話のiPhone 6プラス128ギガバイトの64ギガバイトを導入したが、Appleは16ギガバイトになりましエントリー・レベルのiPhone 6Sストレージ容量ます。 グッチiPhone7ケース実際には、アップル社の競合他社のいくつかは、32GBまで新製品のエントリーレベルのストレージ容量が長く持っています。 技術ブログ9to5Macの情報源は、技術のブログはまた、Appleが16ギガバイトを使用する可能性があると述べ、「情報の確認、および関連チップ会社、iPhone 6Sは16ギガバイトのモデルのままで、新しいバージョン。 シャネルiphone7ケース我々の分析によると、 "、言いましたチップのテストの目的(これは以前に発生していません)。 しかし、Appleの上級副社長フィル・シラー(フィリップ・シラーは)最近守るiPhone 6Sの16ギガバイトのバージョンになっているので、上記は、可能性が唯一の業界の欲望の何よりについて楽観することができますです。 シャネルiphone7ケース 利益のためにすべて: シラーは言い訳に様々な理由を出したが、が、したがって、ユーザは、だまされてはなりません。実際には、Appleが16ギガバイトiPhone 6Sを開始した、その主な目的は、現在の16ギガバイトiPhone 6は同じですまだです:ユーザを高めるために、あなたは、iPhoneの64ギガバイトと128ギガバイトの高い価格を上げることができるように、携帯電話の大容量バージョンを購入する意欲を促進することです6Sの携帯電話の販売、ひいてははAppleの利益を向上させます。 iPhone7ケース ブランド 実際には、この「誘惑」iPhone 6Sの発売と方法とは、AppleがiPhone 6Sの多数で構成12MPカメラと4Kビデオキャプチャ機能について持っていたとして、関連するニュースメディアはまた限り、大幅に増加すると予想されるので、激化しました話は本当でした。実際には、ケースに一度、その後、10ギガバイトiPhone 6の16ギガバイトiPhone 6Sの本当の容易なことと等価。 ルイヴィトンiPhone7ケース だから、iPhone 6Sプラスエントリー・レベルの32ギガバイトの記憶容量はそれに達するだろうか? Appleはそのためのストレージ容量を提供するために、代わりのサプライヤーを求めることができる与えられ、そこにそのような可能性がある、しかし、32ギガバイトAppleのiPhone 6Sプラスエントリーレベルのストレージ容量は、順番に可能性が最小限に抑え、または不可能でさえある引き上げました。 もちろん、新しいiPhone 6Sは何にはなりません。 グッチiphone7ケース 9to5Macはそうでは、iPhone 6Sは、まだいくつかの肯定的な新機能があります。以下は、iPhone 6S-関連朗報です。 アイフォン7シャネル 9to5Macは、AppleがiPhone 6S大幅に削減チップサイズを持っていることを発見し、iPhone 6S性能とパワーを強化するコアチップ、上のまだ多くの要素が増加しました。また、Appleはフィールド通信近くモバイル決済機能を払うためにAppleがiPhone 6Sになります(NFC)チップは、モバイル決済機能のセキュリティを強化するために、アップグレードされています。 グッチiphone7ケース また、9to5Macも見つかった、iPhone 6よりも若干大きいiPhone 6S本体幅のみ0.13ミリメートル増加している一方で、が、唯一の0.16ミリメートル増加iPhone 6Sの船長(最も可能性が高い理由は、iPhone 6S強制タッチスクリーン構成されていることです) 、おそらくエンドユーザーが知覚することが困難になります。 もちろん、業界はまだわずかに更新iPhone 6ではありません、それはより多くの強力な機能を持つべきであるiPhone 6Sを楽しみにしています。 グッチメンズ靴コピー人気通販 Appleは16ギガバイトiPhone 6Sのバージョンを導入し、それはユーザーの忍耐のテストですか? IOSプラットフォームの市場シェアはさらに拡大してきたが、さらに、米国のスマートフォン市場での優位性を拡大するため、今年の3〜5ヶ月の間のコムスコアが与えられた米国の市場調査会社、アップルから最新の調査データによると。 月に米国のスマートフォン市場シェア43.5パーセントまで、チェーンは1.8%増加 - comScoreのデータは、iPhone今年3、ことを示しています。 グッチiPhone7ケース偶然にも、4月の統計情報、またiPhoneの市場シェア1.8%の成長率までの期間の終わりに。 米国のスマートフォン市場5月-3月から年に、アップルのライバルサムスンの市場シェアは比較的安定している、スマートフォンの同社のシェアは2位、28.7%にわずか0.1%増加しました。 グッチiPhone7ケースアップルへとサムスンに加えて、LG、モトローラ、HTCはトップ5つの位置の間でも成功しているが、その市場シェアは0.1%、0.2%および0.3%減少しました。 comScoreのレポートは、Androidのシステムにもかかわらず、依然として国内初のスマートフォンのオペレーティングプラットフォームの王座を占めるが、そのシェアは52.1パーセントに0.7%前月の減少で幕を開けたことを示しています。 エムシーエムiphone7ケース グッチiPhone7ケースある程度のAndroidマイクロソフトブラックベリーSymbianシステムを含む両方の市場シェアを侵食されつつ、一方で、AppleiOSが、まだ1.8%増加し、同期間にわたるシステムの二番目に高い市場シェアです。 コムスコアがリリースした最新のデータが米国のスマートフォン市場の強い需要によって駆動されるiPhone 6iPhone 6プラスの傾向を反映していることを指摘しておかなければ。 サンローランiPhone7ケース昨年の人気のショッピングシーズンには、大画面iPhone 6iPhone 6 Plusは、Appleがレコード7450万売上を獲得助けました。また、このホットな傾向は四半期にAppleiPhoneの販売も巨大な61百万に達し、今年3月に入っても続いています。 シャネルiphone7ケース